SALE : 最大50%OFF - チェック

1960年代:「開拓者」

丸みのあるバスト、きゅっと細く絞ったウエスト、裾の広がったスカートという50年代に確立していた女性服のイメージは、衰退していきました。

開放されて自由なシルエットが主流となったのです。

オーバドゥはブラとショーツのカラーを合わせることを提案した最初のランジェリーブランドです。その後は徐々に同じデザインのものであるべきという考えが主流となっていきました。そしてランジェリーセット(ブラとショーツ)が誕生し、ファッションの傾向やシーズンに合わせたコレクションが定着していきました。

当初のこのキャンペーンは大胆で挑発的でありながら、共感性が高くエレガントなものでした。このスタートから30年間、オーバドゥはユーモラスで大胆、刺激的なものを発信し続けたのです。